公務員試験体験記

公務員試験体験記

2017年に公務員試験を受けた、その記録です

国家公務員総合職 農業科学・水産 一次試験

 

国家公務員総合職、農業科学・水産の大卒程度試験を受験しました。

一次試験の体験記です。

 

 

一次試験会場につくと、ちらほら欠席がいました。

公務員試験は無料で受検できるので、申込みだけして受けに来ない人も結構いるみたいです。

午前中に専門試験、午後に教養試験が行われます。昼休みは1時間ないくらいだったと思います。

友達同士で来ている人や、中にはカップルもいて、少し驚きました。

 

 

<一次試験:農業科学・水産>

最初の5問は必答問題、次は10問ずつのA(農業科学系)、B(水産系)から一つ選択、残りは25問は、問題が5つずの大問が23科目あるので、5科目を選択します。

5+10+5×5=40問です。

私のおすすめは土壌肥料学と育種遺伝学です。

知識量が園芸学や作物学より少なくて済むと思います。

 

 

<一次試験:教養試験>

私は理系で文系科目(日本史、世界史など)は勉強しても覚えられなかったので無勉強で挑みました。

しかし日本史・世界史の知識を問う問題は1問ずつだけで、総合職試験では他の国の政治の話などの時事ネタや、協定などの問題が多かったように感じます。

公務員試験対策本として有名な速攻の時事を読んでおくといいと思います。

速攻の時事は毎年発売されるので、最新のものを買うようにしましょう。

 

 

私が感じただけかもしれませんが、専門試験でも教養試験でも、模試や過去問などを解いていると、問題のクセのようなものがある気がしました。

5つの選択肢から正しいものを選べという問題で、1つだけなかなか知らないような内容がかかれていて、しかし他の4つは基礎的な内容で誤っている部分が分かりやすく、消去法で選ぶことができる問題がよくあるような気がします。

(あくまで私が感じただけです)

 

なんとか一次試験は突破できました!(正直通るとは思っていませんでした)

二次試験に続きます 。

 

 

koumuinchallenge.hatenablog.com

アンケートモニター