公務員試験体験記

公務員試験体験記

2017年に公務員試験を受けた、その記録です

地方上級試験、農学

私は第一志望が地方上級の農学職です。

今は特定が怖いので、当たり障りのないことだけ書きます…

 

地方上級試験は思ったよりも人が多く、受付開始時刻5分前に会場につきましたが、すでに長蛇の列ができてました。

受験者でスーツの人が今までの試験の中で一番多かったです。(4割くらい)

でも私服で大丈夫です。

わざわざ動きにくいスーツで受験する必要は全くないと思います。

 

 

試験に関しては、教養は地方上級過去問500で対策してきたので、それほど難しくは感じませんでした。

 

しかし、農学に関しては、総合職や一般職の問題とは形式が異なるものが多いです。

本当に、知識を問われているという感じです。

重箱の隅をつつくような問題も中にはあります。

そういう問題は運に任せるしかないと思います。他の受験者も解けないだろうと割り切りましょう!

 

 

一番多かった形式は、

正しい文のみを選択しているのはどれか。

ア~

イ~

ウ~

エ~

1.ア、イ 2.ア、ウ 3.ア、エ 4.イ、エ 5.ウ、エ

 

といった形式です。

選択肢を消去法でうまく絞れれば簡単な場合もありますが、なかなか絞れませんでした。

 

 

地方上級の専門試験は過去問が公開されていないので、勉強するのはなかなか辛いと思います。

私は予備校に行かず、学校の公務員講座を受講していましたが、地方上級の農学職試験に関しては情報は少なかったです。

大手の予備校だと模試があるところや、もしかしたら過去に受験した人からの問題情報の提供があったりするかもしれないので、本気で公務員になりたい人は予備校に行った方がいいと思います。

少なくとも私は予備校に行かなかったことを後悔しました…。

 

今書けるのはこのぐらいです。

二次試験が七月中に行われるので、頑張ります!

 

 

アンケートモニター